相続人になる親族7パターン 子のないご夫婦は要確認

相続が発生した場合、亡くなった人の財産は誰が引き継ぐのか?

残す人が遺言書に書いておくことができますが、遺言書がない場合は「民法」という法律に則って、誰がどういう順番で相続人になるかが決まります。

 

相続人になる順番とパターン

亡くなった人の配偶者は、常に相続人になります。

配偶者以外は、相続人になる順番が決められていて、①子ども ②親 ③兄弟姉妹 となります。

たとえば、第1順位である子どもがいる場合、親や兄弟姉妹は相続人にはなりません。

相続人のパターンは以下のとおり。

  • 配偶者+亡くなった人の子ども
  • 配偶者+亡くなった人の親または祖父母
  • 配偶者+亡くなった人の兄弟姉妹または甥・姪
  • 配偶者のみ
  • 子ども(または孫)のみ
  • 親(または祖父母)のみ
  • 兄弟姉妹(または甥・姪)のみ

 

子どもがいない夫婦の相続人は?

あるところに子どものいない夫婦がいたとします。ある時、夫が急に倒れ、そのまま帰らぬ人に。

この時、亡くなった夫の家族の状況によって、相続人は以下のようになります。

  1. 夫の家族は両親と兄の場合
    相続人は妻と両親
  2. 夫の親は他界、兄が健在の場合
    相続人は妻と兄
  3. 夫の親、兄ともに他界・夫の兄に息子がいる場合
    相続人はと、兄の息子(

 

配偶者の親・兄弟姉妹・甥姪も相続人に

子どもがいない夫婦の場合、夫の財産はすべて妻のものになると思われがちですが、遺言書がなく、民法に則って相続が行われると、「妻」と「夫の血族関係にある人」が相続人になります。

親・兄弟がすでに亡くなっている場合、その子孫が代わって相続人になるため、このケースでは妻に加えて、甥も相続人になるのです。

 

日頃のコミュニケーションと遺言書で対策を

亡くなった人の財産は、一旦相続人全員の「共有のもの」になります。

妻とはいえ、勝手に夫の預金を引き出したり、不動産を処分することはできません

遠方に住んでいたり、日頃ほとんど交流のない甥であっても、まずは夫の財産を分けるために話し合いをしなければなりません。

スムーズに合意できれば良いですが、こんな場合は注意が必要です。

  • 残された財産のほとんどが、不動産などの「分けにくい」ものだった。
  • 残された財産には、甥が主張した分の現金がなかった。(自分の預金から用立てたり、自宅を売却しなければならない可能性も)

妻が夫亡き後も心配なく暮らしていけるように、すべての財産を妻に相続させたい場合は、遺言書を作成しておきましょう。

その際は、妻に全財産を残す理由と、おじとして甥にも配慮したメッセージを残すと良いですね。

また、夫婦どちらが先に亡くなるかは誰にもわかりませんから、お互いに遺言書を残しておくと、どちらも安心できますね。

遺言は、生きている人が幸せに暮らすことに役立つものなのです。